fc2ブログ

素敵な建物・インテリアを訪ねる~1~旧古河邸

今日は先日訪れた旧古河邸のお話です。

私は素敵な洋館や歴史ある建築物、古い民家などを見て回るのが好きで、
旅先では必ずどこか見学するのですが、
身近に都内にもたくさんの見学スポットがあります。

その中のひとつ、旧古河邸は古河財閥の二代目当主のご自宅として1917年に建てられました。
設計はイギリス人のジョサイア・コンドルです。
古河邸3

残念ながら内部は撮影禁止のため、外部の写真のみですが、
お屋敷の前に広がる庭園から全体を見るとかなり大きな建物だったことが分かります。
古河邸5

この広いお屋敷に住んでいたのは古河虎之助ご夫妻とお子さんの3人家族、
その他使用人の方が通いも含めて50人いらしたそうです。

このお屋敷の内部で一番の驚きは、完全な洋風建築の中に
格式のある和の空間が存在していることです。
和室は2階の一部のみですが、洋風の扉を開けると一歩踏み込み二重扉のように襖があり、
その中は一転して純和室になっているのです。
外側からも同じで、洋風窓の内側に少し空間があり、二重窓のように障子がはまっているので、
外から見ても中が和室だということが想像できないようになっています。
「和洋折衷」ではなく、「洋」の中に「和」をすっぽり囲んでしまったような感じです。

設計者のジョサイア・コンドルは大変日本通で(奥様も日本人だとか)、和室のことを熟知していたそうで
外国人とは思えない和室のしつらいの細やかさでした。

もちろん洋室にも暖炉の装飾の彫刻や、当時のシャンデリアなどがそのまま残されていて
当時の本物の質のよい造りに感動しました。

古河邸

内部の見学は原則ハガキでの予約制ですが、空きがあれば当日直接でも可能です。
丁寧に造られた素敵な建築やインテリアを見ると、
デザインのヒントをもらえたり、俄然やる気が沸いてくるので、
欠かせない楽しみのひとつです。
スポンサーサイト



テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

プロフィール

gegee

Author:gegee
インテリアデザイナーの岩崎裕子です。

私の主催するデザイン事務所の
HPもご覧下さい。リンクにあります。

FC2 Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード