fc2ブログ

ソファ選びのポイント~2~張り地

ソファを選ぶ際にお客様がよく迷われることに、
張り地を「革にするか?」それとも「布地にするか?」
ということがあります。

当然好みの問題はありますが、それぞれの特徴をお話したいと思います。

まず、革のソファですが、

イメージとしては、ソファ自体のデザインにもよりますが、高級感があり、クールでやや男性的な印象になります。
(実際男性のお客様が好まれるように思います)
座り心地は革独特のヒンヤリした感じがあります。

革のソファ1

メンテナンスの面では、定期的に専用のグッズで保湿をし、汚れを落とすということが必要です。
放っておくとひび割れてきてしまいますので、気をつけて下さいね。


本革は布地に比べてお値段的にはやや高めですが、「革のソファ」というのは永遠の憧れの存在なのでしょうか、
時代を問わず人気があります。


次に布地で張ったソファですが、

イメージとしては、ナチュラルでやさしい、暖かみのある印象になります。
座り心地は、生地に引っかかりがあり、柔らかいため安定感があります。

ファブリックのソファ

メンテナンスは定期的に掃除機でほこりを取ります。

張り地を選ぶときのポイントですが、
ぺたっとした布地よりも少しテクスチャー(質感)があるもの(凸凹があるもの)を選ぶと存在感のあるソファになります。

このくら質感があっても張ったときにはちょうどよいボリューム感になります。
張り地アップ4




スポンサーサイト



テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

AD CORE 新作発表会

今日は家具メーカーの「AD CORE」新作発表会に行ってきました。

やや線の細いモダンなデザインが多いメーカーで、
今回の新作もかなりシンプルでスクエアを強調したデザインでした。

デザイナーの方の説明によると、シンプルがゆえに作りにこだわっているとのこと。

adソファ
特にソファ・チェア類に関してはクッションの構造にこだわり、
最近はあまり使われないコイルスプリングを使用しているそうです。
確かに安定感のある硬めのすわり心地で、なかなか良いのではと思いました。
こちらのソファは脚の色(ブラック・シルバー)が選べます。写真はシルバーですが、
ブラックにするとミッドセンチュリー的なニュアンスになりそうです。


adラウンジ
そしてこちらはラウンジチェア。
脚部がスチールで肘はウッドですので、個人的には長く座る椅子としてはどうかな・・という気はしますが、華奢な印象なのでそれほど広くないスペースに置くとしたら圧迫感がなく重宝しそうです。


adテーブル
今回の目玉の一つである無垢材テーブルです。
ホワイトアッシュの150%つや消しだそうで、木目が大変綺麗。

余談ですが、新作発表会ではお土産にノベルティをいただけることがありますが、
最近はご時勢なのかカタログのみが多い中、
レザーでA3サイズが見開きに出来るドキュメントファイルをいただきました。
現場での打合せに役立ちそうです。





テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

プロフィール

gegee

Author:gegee
インテリアデザイナーの岩崎裕子です。

私の主催するデザイン事務所の
HPもご覧下さい。リンクにあります。

FC2 Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード